You are here: Home / 国内線LCC / その他、バニラエアの豆知識

その他、バニラエアの豆知識

バニラエアは、国外や国内に路線を持つ航空機会社です。お仕事で出張などを繰り返し利用されている方や、旅行を趣味となされている方以外は、ほとんどが不慣れと言ってもいいでしょう。そこで以外に気が付かない事や、あったらいいなと思われる情報をまとめてみたいと思います。

バニラエアの安全性

航空機に乗る時、未だに金属の塊が飛ぶのが信じられないだとか、空から落ちたら命が無いと不安がる方が多くいます。確かにその通りですが、海でも陸でも事故が起きた時には、その危険性はどれも同じなので、少しも怖がる必要は無いのです。バニラエアは空飛ぶ旅客機ですが、2013年に発表された『国際航空運送協会』の報告によると、航空機事故により遭遇確率は毎日航空機に乗ったとしても、666年に1回という割合だそうです。これは生きている内には何度乗っても事故に遭わずに済む確率で、宝くじで一等が当たるよりもさらに低い確率になっています。

バニラエア航空機のトレビア

バニラエアの旅客機には、ジェットエンジンが2基搭載されています。これは仮にエンジンが一つ壊れたとしても、もう一つのエンジンだけでの飛行が可能となっており、パイロットもそうした訓練を行ってきています。また紙飛行機などの原理でおわかりのように、待機中の浮力によって急激に落下する事も無く、グライダーのような滑走も出来ます。この浮力というものは、下から押し上げる力だけではなく、上から引っ張られる力もありますので、うまく風に乗る事でエンジンが仮に動かなくなっても、しばらくは航行が可能なのです。

格安チケットの盲点

海外へ旅行する際に最安値のチケットを取るために、バニラエア以外の海外の航空会社を利用する方も居ます。しかし、そのために少なくない労力を要する事もあるのです。まず英語ができなければ難しいという事でしょう。万が一キャンセルする時にも、日本語で通じることはなく、行きのチケットだけをとりやめたい場合でも、事前に帰りのチケットとセットで入手していた場合には、帰りの分もオートで取り消しとされてしまいます。海外では片道だけでの入国が出来ない国もありますので、入国拒否となって送り返される羽目になってしまいますので、安全を考えるのであればバニラエアのような、予約サイトを利用するのが賢いやり方でしょう。

バニラエアは成田空港を起点にして、国内では新千歳や沖縄、奄美大島などに就航しているほか、海外の路線もありますが、この海外線と国内線両方ともに、第3ターミナルで就航していますので、間違える事がありません。また、国外国内線の通路も色分けされていますので安心なのです。